寒波到来!ドライブ日和?2019年02月09日 19:56



  連休を利用して、雪中ハイクを計画も予定日は天候が怪しい!?

  いつもの様に車中泊で計画していたが、車の車検整備が長引いて

  準備もできなくて、急遽の予定変更。

  一日目はゆっくりとドライブ観光。

  宿泊前日の深夜に何とか旅館の予約が取れたので 

  久しぶりの旅館泊へ変更です。

 
  渋滞を避けてドライブとしては早めの出発でしたが

  関越道は早朝から事故で大渋滞。

  東北道から圏央道へまわり、17号を北上する事にした。

  先を急ぐわけでも無し、観光ドライブには丁度良い時間の調整になった。



 お店が開き始める少し前に軽井沢周辺についた。




 史上稀な寒波襲来、軽井沢近辺も極寒



  以前にも訪れた碓氷峠の神社に再び参拝




 周辺のお茶屋さんが冬季休業中だったので心配になりましたが

 神社は開いてました。

 今回は御朱印帳がお目当てだったので、開いていてよかった!!




 サッカー日本代表のロゴに使われているヤタガラスのお社



  寒い、寒い。少しの時間でも冷えてきます。



  神社から旧軽銀座の商店街を抜けて、隣町の小諸まで移動。

  賑やかな旧軽銀座も冬場は人も多くありませんでした。


  30分ほどで小諸の懐古園到着。 暖房の効いた車内はとても快適です!!

  
  小諸城址 懐古園

  信玄公、秀吉公など名だたる武将が活躍した戦国時代のお城
 
  現在は大手門、三の門と本丸跡に建てられた神社や天守台が残ってる。

  下の写真は三の門


 懐古神社です
 
 氷点下の中の散策は寒いの一言です。

 防寒バッチリの山歩きとは全然ちがいますよ!





 散策中に白いものがふわふわと・・・・あlれ?小雪が舞ってきたよ!


 天守台に来ました。
 
 意外と大きな天守台で、天守閣も立派なものと想像できます。

 


  ひとしきり園内を散策し終え、園内のお蕎麦屋さんでお昼

  なんでも、冬場はほぼ休業しているらしいのですが、

  今日は、たまたま開店したと女将さんが話してくれました。

  小諸周辺は幾度となく訪れているけれど、小諸蕎麦は初めてなので楽しみ!

  暖かいのと冷たいのをそれぞれ注文して食べ比べしました

  出てきたお蕎麦は、太くてしっかりした蕎麦で、どちらもおいしかった!


 
  お腹も満たされて満足、満足。

  次の予定は布引観音。

  ここも通るたび案内看板を目にしていたけれど、時間的な理由で

  訪れてなかったので、行ってみました。



  道路脇に駐車場と参道の案内があったので

  車を止めて行ってきます。

 
  参道は結構な急坂でチョットした山登りでした。

  おまけに雪が解けてアイスバーンになっていて山登りより慎重になりました。


  
  15分。いや20分くらい登って来たでしょうか!?

  
  観音堂がみえました。

  思ってもない崖観音でした。

  全国各地に同じような建屋があるけれど昔人の知恵と技術に感心します。

 


 素掘りの岩穴をくぐってお堂へ向かいます



 朱色のお堂に着きました。

 このお堂は以前は国宝指定されていたらしいのですが

 現在は重要文化財らしいです。 格下げ?あるんですね~


 
 あっ、そうそう。

 ここの布引観音へは山道歩かなくてても車で行けました。

 登ってから知ったので、少しガックリしました。

 山登りしてるおかげで、多少の登り降りは苦ではないけれども。
 


  宿泊する別所温泉に着きました。

  チェックイン済ませて、北向観音へお参り

  ここも、以前に善行寺と合わせてお参りしてますが

  せっかくなので再びお参りです。




 ここの参道に一軒のギャラリーがあります。

 陶器、木工、レザーなどの作家さんオリジナル商品を展示販売

 前回来た時にフクロウの木彫りを購入したのを思い出して

 また、覗いてみました。

 その中から今日はちりめん制の御朱印帳袋をいただきました。


  下の写真が御朱印袋と碓氷神社の御朱印帳


 
 温泉に浸かり、お酒を飲んでほろ酔い気分。

 疲れもあって、早々と寝てしまいました。

 明日は、雪中ハイクで雪遊びです。


木曽 奈良井宿を歩く2018年11月23日 12:34

 旧中仙道 木曽奈良井宿

 TVなどでも見る機会の多い宿場町を歩いて来ました。

  奈良井宿観光協会


 木曽の大橋
 総檜造りの太鼓橋です。橋脚が無いのが特徴
 


 それでは、宿場をぶらぶらしてみましょう



 朝方に、小雪が降る寒い日でしたが楽しんで歩きます



 商売をする家と商売はせずに住居としての家が入り混じる町並みです。

 菊の花が彩りを添えてます。



 

 木曽は漆器が有名で街道沿いには沢山の漆器店が並んでます

 立ち寄ったお店の店内です 
 漆器はもちろん木工細工も多く陳列してます。

 その中でもお六くしという櫛がありました。
 ミネバリというとても堅い木を使っているらしい。

 お話好きの女将さんの説明を聞いて若い職人さんの作った

 手作りの櫛を一つお買い物しました。
 (伝統工芸士が作る品はとても良いお値段がしました)






 お昼ごはんは軽めに小さなお蕎麦と五平餅のセットを注文
 
 冷たい蕎麦が好みだけど、寒かったので暖かいものを選んでみました

 このお蕎麦温かくてもしっかりとしたコシがあり、美味しかった。

 

 半日、宿場を愉しんで木曽街道をドライブして駒ヶ根に向います。

 明日はいよいよ憧れの千畳敷、木曽駒ケ岳に登るぞ!


初詣後に雪中ドライブ2018年01月07日 10:19



 毎年恒例 新年の厄除けを佐野厄除け大師でご祈祷

 温泉目当てに足をのばして赤城山へ




 圧雪とアイスバーンの山道を登って大沼へ

 湖畔に立つ赤城神社と後ろにそびえる赤城山の主峰の黒檜山




 結氷した大沼と霧氷の山




 青空の下静かな雪山の景色は最高でした。

 登山者も沢山いて、登りたい気持ちに駆られつつも温泉目指して

 山の麓に向かいました。

 道の駅 赤城の恵みに隣接の温泉へ・・・極楽極楽♪



コーヒー飲みながら富士山展望2017年12月09日 08:31


 天気も良さそうなのでコーヒー飲みながら富士山を見ようと

 夜明け前に出発。


 

 朝焼けの富士をバックにクルーズ船が航行 行き先は横浜港かな?
 
 

 

 モーニングコーヒーを楽しんだ後、富津岬へ

 岬の中の公園を巡り歩いた。

 公園内には日露戦争当時の外堀を備えた砲台跡も残されてた。

 公園を巡った後、先端に立つ展望塔へ移動

  ちょっと、登ってみます。

 


 最上部からは対岸の八景島周辺が望める

 晴天の下、吹く風は冷たいけれど気持ちいい!





 
 岬からの帰り道、新しく出来た道の駅 馬来田の里(うまくたのさと)へ寄り道。


 ここでランチタイム。

 メニューは二種類と言う事なので、一つずつ注文
 
 ローストビーフとホットパイ

 ホットパイは中身を三種の中からチョイスできます。
 (季節で変わる予定らしいです)

 それぞれに季節の彩り野菜の盛り合わせがセットになってた。



 
 もう少しメニューが豊富だと嬉しいかな!

 デザートのソフトクリームは太巻きタイプで初めてお目にかかりました。




 地元野菜を買い込んで家路につきました。


 ぶらりとコーヒーブレイクは最高! またどこかでやろう!















県境の地を歩く2017年09月14日 14:43

 


  旧中仙道を軽井沢へ向かう途中にある碓氷峠

  県境の地でもある峠周辺を散策






 神社に上がる階段、中心が県境

 右側通行とすれば、行きが群馬、帰りは長野ということなるのかな




 階段を登り切ったところに一対の灯篭と車石 (左側)

 


 足下に県境の標識




 中央に共同の社

 どちらも熊野神社でそれぞれ、左右に個別の社も建てられている




 群馬県側


 長野県側


 群馬県側が1時間ほど早く御朱印など応対してます



  ヤタガラスおみくじ

  サッカー日本代表ユニホームのエンブレムの鳥らしい





 御神木

 幹に小さなハートの切れ込み




 見晴らし

 ここには県境を示す石柱がずらりと並んでる





 県境に立つ茶店はちから餅が名物



 

 車で少し移動して、旧国鉄の信越本線碓氷第三橋梁へとやってきた

 通称 めがね橋
 







 現在は軌道も撤去され遊歩道として親しまれてる
 



 トンネル内部

 内部はひんやりとして夏の暑い時期は一時の涼を与えてくれる場所

 SLが走った場所は石炭を燃やした煙の匂いもわずかながら感じる

 








 





車で美ヶ原2017年05月04日 21:43



 5月の連休、コテージを借りてバーべキュー

 その前に美ヶ原高原へ立ち寄り


 出発時間も早かったので、中央高速道を早めに下りて一般道へ

 道の駅などに立ち寄りながら行く事にした





 甲斐駒ケ岳は雪が少なくなりました。





 諏訪四大社の一つ 下社春宮に立ち寄り





 なかなか、どうして、とても立派なしめ縄でございます





 格式高きお宮さんです



  秋宮と春宮を巡って、美ヶ原へGO!



  途中の展望の良い丘からの眺め





  高原台弛を30分歩いて、美ヶ原のシンボル美しの塔へ到着

  鐘も、しっかり鳴らしてきました!



 電波塔が連立する美ヶ原の最高地点の王ヶ頭を左に見て

 北アルプスの峰が全て見渡せました。


































冬の下郷を行く2017年01月09日 14:02


 
 大内宿に行きたい!

 そんな声も聞こえて、少々ハードな行程だが冬の下郷町へ出かけた。

 

 東北道を白河で下りて、甲子道路を走る。



 途中、北東側の展望の良い座禅ころがしからの眺め

 



 しばらく走ると、白く輝く山が目前に迫る。

 栃木と福島の県境、那須連山の最高峰、三本槍岳





 最後の長いトンネルを抜けて、道の駅しもごうに到着。


 営業は朝の8時からと比較的早め



 道の駅からの眺望




 道の駅で30分ほど休憩後、観音沼に移動

 そして、少しだけ散策









 観音沼を散策後、会津西街道を北上、途中にある観光スポット

 塔のへつりを通り越して、(雪が少ないので見送った)

 会津鉄道の湯野上温泉駅に立ち寄り。





 駅の待合室





 寒い季節は囲炉裏で暖を取り、列車を待つ




 豊富な温泉を利用して、駅の横には足湯を常設

 足湯に浸かりたい所を我慢して目的の大内宿へ向かう。

 


 大内宿全景

 奥の展望の良い高台より





 神社へ続く参道入り口に立つ、なかなか立派な鳥居




 宿場内のスナップ










 名物 ネギ蕎麦

 食べ方は、曲がったネギを使って、「口の中に掻きこむ」べし。

 ネギは薬味も兼ねているので、少しづつ食べる。

 
 ここで一つだけ注意

 ネギの食べすぎに注意して!

 食後に口の中のネギ臭が気になってきますよ!


 




 食後もぶらぶらと散策&買い物


 そして、コーヒーブレイク

 なかなか、本格的で美味しいスイーツに舌鼓打ちました。







 充実した時を過ごしました。

 家路には、会津西街道を南下して、途中の道の駅を辿りながら

 (県境を過ぎる頃に雨が降ってきた)

 宇都宮まで走り、そこから東北道を使って戻りました。



 






地獄谷 野猿公苑2016年01月09日 22:55




 温泉に入るお猿さんを見にお出かけ。

 この冬は雪も少なくて、道路の凍結などもなく順調に車を走らせて

 開園1時間前に駐車場到着。

 冬季、車は手前の駐車場までしか入れないので、駐車場から野猿公苑へは

 20~30分ほど歩いて行く事になります。


 地獄谷温泉の一軒宿

 お猿が最初に入った露天風呂がこの宿の温泉らしい



 




  開園と同時に入園

  しばらくは来園者も少なく、リラックスしたお猿さんの姿を見て愉しむ






 


 





 どのお猿さんもとても良い表情をしてました




 開園後30分ほどで、朝の食事時間になり

 係りの人が麦を撒くと、温泉に入っていた猿たちも集まって麦拾いに夢中


 少しの間、温泉に入るお猿さんは居なくなった




 無心に麦拾いをするお猿さん




 ほのぼのとした表情に癒されて








 でも、時々キリッとした目でカメラを見てます

 とても野生的な眼差しです



 

 野猿公苑を後にして、小布施~善光寺を参拝して今日の宿へ向かった。
 

  特産の栗を使ったお菓子屋さんが並んだ小布施の街

 




  日本のあかり博物館を見学

 撮影許可を頂きました



 日本で最初の電球のレプリカ



 灯の移り代わりを説明した展示

 それぞれの明るさを体験できる
 



 

 小布施を後にして、善光寺にやってきた

 参道は初詣の参拝者で賑わってる









 

 昨年の御開帳時にご本尊と結ばれた回向柱

 歴代の回向柱と共に並び建てられてる。自由に触れることもできる



 
 今回、善光寺に来たことで、去年の北向観音と合わせて両参り達成


 善光寺のある長野市から志賀高原を通り、四阿山の中腹にある

 今日の宿、あずまや高原ホテルへ向かう


 志賀高原を通る道路も積雪はゼロでペースを落とさず


 ホテル到着

 




 表のテラスから夕景を眺めて










 この日の夜、露天風呂に浸かりながら最高の星空を見ることが出来た。

 

八方尾根~安曇野へ2015年09月22日 22:13


 今回の山旅も最終日となった。


 帰りの高速道路は大渋滞と予測し、夜、遅くなれば少しは、

 渋滞も緩和されるだろうと考えて、一日ゆっくり過ごすことにした。

 



 八方尾根の夜明け

 白馬の峰が朝日に照らされてオレンジ色に輝く、

 モルゲンロート






 宿泊したホテルの庭


 
 ホテルの窓越しに左に五竜岳と右手に八方尾根

 麓にジャンプ競技場が見える



 ジャンプ競技場の近くに熱気球が浮かび上がった。

 朝八時までの僅かな時間だけの営業

 前日までに予約すれば搭乗できるらしい。



 静かな朝のロビー、以前は登山客用の宿だったらしく

 暖炉の周りには当時を偲ぶ、古い山道具が飾られている



 爽やかな朝に、コスモスに囲まれて



 ジャンプ競技場にて

 ここに立っていると、当時の大歓声が聞こえてくるような感じがする

 そして、原田選手が涙したシーンも甦る!

 最近の出来事のように思うけど、17年前なんて時の経つのは早いですね。



 白馬の大空に浮かぶパラグライダーでの空中散歩

 気持ち良さそう~!

 この素晴らしい山景色を目に焼き付けて、愉しんだ白馬八方を

 後にして、安曇野へ!



 40分ほど移動して安曇野へ到着

 安曇野のシンボル、常念岳は雲に隠れて見えない。

    残念・・・!



 まず初めに、安曇野観光で人気の大王わさび農園へ立ち寄る

 まあ、一言で言うとわさびの牧場的な所です。  

 今時には珍しく、駐車場も入場も無料なのがGOODです。

 ゴムボートでの清流下りが人気を集めてました。

 流れに任せて70~80メートル下って


 
 帰りは皆でオールを漕いで遡る


 
 アルプスの恵みの湧水が場内の至る所に湧いてます。



 満開の彼岸花が綺麗!








 
 ゆっくりと回る、水車は写真撮影に人気の場所


 
 こぼれ落ちる滴がキラリ輝く


 広いわさび農場をぐるりと見て廻った後は

 わさびソフトクリームを食べて締めくくり

 流石にわさびの辛さはありません。

 ほんのりとわさびの風味が生きてます



 
 わさび農場を後にして、穂高駅に移動して来た。

 ここで、レンタサイクルを借りてサイクリング

 店のお兄さんに道祖神を巡りたいと伝えると

 お店で用意してある道祖神めぐりの地図に書き込みを入れながら

 丁寧な説明をしてくれた。

 それでは行ってきま~す。




 最初に立ち寄ったのは、

 山門の前に大きな下駄の有るお寺さん

 本堂にはご本尊の下をぐるりと廻る真っ暗な回廊があった

 真っ暗な回廊の中にある鍵に触れる事が出来れば願いが叶うらしい!

 運よく、触ることが出来たが、はたして願いは叶うのでしょうか!




 もらった地図を頼りに道祖神を巡るサイクリングのスタート!

 ここからは巡った道祖神の数々をご覧ください。


 















 他にも数多くの道祖神がありますが、流石に廻りきれないです。

 道の交差や曲がり角に多くの道祖神がありました。

 田畑の広がる農道にある道祖神を見て見たかったのだが

 残念な事に今回は見ることが出来なかった。






 道祖神めぐりの途中に寄った庄屋の屋敷

 松本城主の本陣にも使われていたとの事

 そうそう、NHKの朝ドラ「おひさま」のロケにも使われた場所でした。




 
 門柱に残る傷は百姓一揆の時の物

 不満を爆発させた農民たちが鍬や斧を振りかざした跡です



 中に入ると、庭にも小さな道祖神



 係りの人が色々と当時の事と道具の事を説明してくれます

 最初の部屋に展示されてる物は嫁入り道具



 当時の槍などの武具も残されてます



 穂高駅への帰り道、最後は穂高神社へお参り


 なかなか、どうして立派な神社でした。
 



 ゆっくり愉しんだ安曇野後して帰路につく

 途中で温泉の有る道の駅に立ち寄り、3時間ほど時間調整して

 渋滞が緩和するのを待った物の、期待は外れて深夜まで大渋滞

 帰宅時間は深夜2時を回ってた。



  お知らせ!

 道祖神巡りの時に寄ったお寺でのお願いは見事に叶いました。

 それは、道中安全 無事に帰宅できた事。
 
 


高峰高原ホテル2014年11月01日 20:46



 下山後に高峰高原のビジターセンターで、昼食の予定をしていたが

 今年度の営業は終了!おい、おい、ちょっと店閉めるの早くない!?

 せめて11月前半の連休位までは、営業してても良くねえ~

 冬支度にしては早すぎますよ!



 って事で、今晩、泊まるホテルでランチ。

 あっ、その前に雨の山歩きで冷えた体を温泉に浸って温めてと。


 

 駐車場から東の方角に黒斑山?

 相変わらずガスっていて見えない!




 南側は小諸の町と八ヶ岳が見える!?はずなんだけど
 
 

 見えないね!




 海抜2000Mの高原ホテル到着


 

 あっ、ランチの写真撮り忘れた!

 



 ディナータイムはビールで乾杯

 軽井沢の地ビール 軽やかな味わいのビール

 自分的にはもっと、コクのあるビールがいいな!

 
 
 手前の小さなグラスの赤い液体はベリーの食前酒で

 甘く、アルコールはやや高めのお酒


 その後、ウイスキーをロックで頼むも、氷が製氷氷で出てきて、

 とてもガッカリ! ホテルなんだからロックアイスで出してよお願いだから!

 ということで、ウイスキーの画は無し、グラスも今一だったしね!



 


 久しぶりのディナーコースでございます。

 フルコースじゃ無くこの位のボリュウームが、○ですね!


 温製黒ゴマ豆腐 小諸産花豆添え

 
 あっさりとして優しい味 花豆がとても美味。



 

 

 サーモンマリネとレンズ豆のクレープ包み
 
 
 林檎のソテー添え

 クレープ生地に包まれた小粒のレンズ豆と、ほんの少しだけ
 

 酸味の利いたサーモンが美味しい
 

 



 

 オニオンの温製スープ

 
 オニオンの甘さ控えめの美味しいスープ




 信州蓼科牛 サーロインのポワレ 温野菜添え

 今日のメイン 
 

 期待通りの旨い肉でした。




 
 特性デザート盛り合わせと最後はアップルティー

 アップルティーはもう少しリンゴの香り強いほうが好みだな!




 細かなところで不満はありましたが、まあまあ満足かな。

 ご馳走様でした。





 翌朝は雲の流れがとても速く、高原の天気はめまぐるしく変わり、

 青空の下に素晴らしい景色が広がってました。




 雲海に浮かぶ雄大な八ヶ岳、遠くには富士の姿も見える