戦場ヶ原でリハビリハイク2020年06月27日 20:24

  
 千手ヶ浜のクリンソウの花を目当てに出かけたのだが・・・・・


 災害復旧工事で遊歩道が通行止めになっていた。

 う回路も有るけれど、往復すると二十数キロとかなりの距離

 コロナ自粛で足腰衰えた身にはハードな距離

 クリンソウの撮影を諦めて戦場ヶ原を歩く

 一面の緑が身に染みるけど、戦場ヶ原は花が少ないのが残念な所!

 


 レンゲツツジ






 右に男体山、中央が太郎山







 一株のクリンソウ


 久しぶりのハイキングは高低差の少ないコースだったけれども

 終盤は疲労感でいっぱいでした!

 





















大展望の美ヶ原スノーハイク2020年01月11日 15:24

美ヶ原の山本小屋の駐車場からハイキング開始


 そろそろ夜明けの時間

 朝焼けが綺麗!



 あっという間に明るくなりました。
 
 多少風が強いけれど、絶好のハイキング日和



 最高部の王ヶ頭目指して一直線に進む



王ヶ頭ホテルとアンテナ群、そいて北アルプスの峰々が見えてきた



山頂へはもう少


 アルプスも間近に



 立ち並ぶアンテナ群がSFの世界のように見える




 王ヶ頭に到着!

  

 出発地方向
 
 左に八ヶ岳、右に南アルプス



 山頂の石碑
 
 奥に乗鞍岳から穂高連峰



 穂高岳と槍ヶ岳 そして槍ヶ岳の前に重なるピラミッドのような常念岳



 爺ヶ岳から白馬乗鞍岳

 

 四阿山と浅間山



 北信五岳
 妙高山、斑尾山、黒姫山 、戸隠山、飯縄山



 十分に景色も楽しんで帰る時間になりました。



 広い雪原を独り占め

 ホワイトアウトになったら迷いそうな場所です。

 

 宿泊した人の送迎に雪上車が走ってる



 美ヶ原のシンボル 美しの塔

 今日の最後に逆光に浮かばせてみたよ。




 快晴の下、最高の景色に迎えられて良い一日でした


榛名山と榛名神社2019年11月03日 12:10


榛名火山群の最高峰の掃部ヶ岳と榛名神社

登ろうと思っていながら、先送りになっていた山にようやく登れた。

 榛名湖畔の登山口から登山開始




 一枚岩の岸壁の硯岩を経由して山頂へ向かう




 歩き始めてすぐに急登が始まる



 鞍部の分岐点

 

 硯岩の上部

 硯岩はクライミングを楽しむ人もいるようで、

 岩の割れ目にはハーケンが打ち込んであった。


 榛名湖
 榛名富士のシルエット



 ワカサギ釣りを楽しむボート群





 硯岩から引き返して山頂へ


 山頂からの展望

 山並みのグラデーションが素晴らしい!



 展望を楽しんで下山開始
 下山は登った道を使わず別ルートを歩く




 笹に覆われた急な下りが続く



 笹の根に足が絡まないよう慎重に歩く


 無事に下山完了
 標高は高くはないけれど、急登続きで以外にハードでした。

 

 登山口を後にして榛名神社

 朱塗りの大きな鳥居



 中々の人出






境内の橋の欄干は、どれも朱塗りでキレイ!


 本殿裏へと向かう人の行列







本殿裏の岩壁の上部にちょこんと乗っかる大きな岩の塊

落ちそうで落ちない絶妙のバランス!木が支えてるのかな?

そんな風にも見えるよね!



 遠くに奇岩発見!



 近づいてみたよ。

 素晴らしいアートですね!


 神社周辺は巨岩や奇岩も楽しめる良い所でした。





秋色の広葉樹の森を歩こう2019年10月27日 11:13



 今回訪れたのは、日光の高山

 山歩きを始めた新緑の頃以来の山で

 秋の彩を楽しむハイキングでした。


 高山は中禅寺湖を囲む山の一つで、戦場ヶ原と中禅寺湖の間の山

 紅葉シーズンを迎えた奥日光は朝早くから続々と観光客も来てました。



 いつもの様に前夜に乗り入れて車中泊

 5時に目覚めて、早朝の竜頭の滝を見物 滝つぼ周辺の紅葉は終わりかな?



 車に戻り、簡単に朝飯食べてから出発です。

 6時30分、滝沿いの遊歩道を遡って登山口へ向かう

 滝の中間から上部までは岩盤上を流れ落ちる滑滝になってる


 
 中禅寺湖へ向かって滑り落ちていく



 朝7時前でも人が大勢います  後方には男体山



 橋を渡り、いよいよ登山道に入る



 カラマツが綺麗!



 黄色に色づいた静かな森の斜面を歩いて


 
 尾根道まで登ると右側の木々の間から戦場ヶ原見えてきた。



 左側の開けた場所からは中禅寺湖も見える



 秋色の森を楽しみながら山頂を目指す



 谷間の紅葉は一段とキレイ!



 のんびりと歩いて8時30分 山頂到着!

 今回は湖畔で少し長めの休憩予定なので、ここでは写真程度の休憩ですぐに出発!



 湖も近い?



 鎖場を通過


 ダケカンバはもう、葉を落として冬支度



 山頂から1㎞歩いて今日初めての分岐、湿原と湖との分かれ道


 ほぼほぼ下りきって楽しみの場所が近づいてきた!


 目の前に広がる鮮やかな黄色の空間






 ひとしきり、癒しの空間を愉しんで湖畔へ出てきました。



 コーヒーを味わいながら静かな湖畔の景色を眺める一時は最高の贅沢です。



 雲の切れ目から時々覗く太陽に湖面がキラキラと輝いてる

 対岸の山肌の紅葉もとても綺麗。  

 残念ながら逆光で写真的に厳しい条件です。

 ここからは遊歩道を歩いて竜頭の滝まで戻ります




 切り立つ岩肌に映える紅葉いいね!




 整備された遊歩道は手軽に紅葉散策するのにいいですよ!



 そろそろ散策も終盤、最後に彩り豊かな木々を仰ぎみる





 久しぶりにのんびりと山を楽しめて満足の一日でした。


日光霧降高原 赤薙山2019年09月28日 12:50

 
山、山、山!・・・・・

しばらくの間、山から遠ざかってしまったな。ということで

近場の山で久々の登山

やって来たのは日光霧降高原

ここから赤薙山へ登ってきたよ!


歩き始めから長い階段の洗礼だ。

ゆっくり登ろう!



何とか800段越え まだまだ!



ようやく1000段、 つらっ!! 後1/3 ガンバレ!

 

休み休み登って、着いた~! 久しぶりなのでかなり疲れてます。



 ずいぶんと前になりますが、スキー場があった頃は
 スキーシーズン外でもリフトに乗ってこれたんだよね。




 今日の天気は一日を通して曇り

 けれども、雲が高く以外に遠くまで見渡せてる。

 ピーカンの晴天より暑くなくて歩くのには都合いいね!




 階段を登りきってすぐのところが小丸山

 中央が今日の目的地の赤薙山



 時々振り返り、景色を楽しみながら山頂をめざそう



 雲海が広がっていい感じです




 
 紅葉の見ごろはまだ少し先になりそうだけど、少し色づき始めてます

 山頂も少し近づいてきましたよ!



 なかなかの展望です!

 左奥に男体山 中央が女峰山



 この尾根沿いに道が繋がってるけど、道標は斜め右を指してる

 ここは道標を無視して尾根道を行くのが〇です。
 道標通りに進むと難儀します。



 道標に従って進むと、かなりの傾斜場を登ることになりました。



 山頂に到着!
 
 序盤の1400段以上の階段と久しぶりの登山と相まって
 疲れたね!
 少し休憩して、丸山を経由して下山しましょう!



 登りでは気付かなかった景色を見ながら進んでいこう



 好展望が広がりました。
 
 奥に高原山 (以前に登った釈迦が岳など)です
 中央にこんもりしてるのが丸山
 


 おおっ! 
 ハート模様に崩れてるわ!




おっ、結構色づいてる!

 
 赤薙山を背にしてここから丸山へ登り返し

 15分ほど登って丸山山頂


 登山口へ続く道

 ぐるんぐるんと、かなりねじれてるよ


 こっちは、まんまるキノコ



 本日最後の展望地
 
 とってもいい感じだね!



 登りで歩いた階段が見えたよ!
 
 ゴールも近いね!



 久しぶりだったので、疲れたね~

 青空は無かったけれど、展望に恵まれた山歩きでした。










高原で避暑キャンプ2019年08月12日 11:10

お盆休みを利用して、4泊5日の避暑キャンプ!

二日目に二人合流しての総勢5人のキャンプです

長野県南相木村の立原高原キャンプ場

渋滞を避けて深夜の出発 早朝に南相木村着

キャンプ場への途中にある立岩湖に寄り道 
シナノユキマスと言う魚が放流されてるみたい!



フィッシング楽しむ長男残して、麓へ引き返して買い物してキャンプ場へ



早めにチェックインさせてもらって、テント&タープ設営
テント×2+タープ×2
なんだかんだで4時間かけて設営完了!




 二日目からは人数も増えてガヤガヤと賑やかにキャンプを楽しむ




バーベキュー後の焚き火に癒される至福の一時が最高!

 

グループに人気のサイトにはワーゲンバスオーナーの集い
8台ほど集まってました。



キャンプ場から少し車で移動して来たダム湖
日本一高所にあるダムらしいです。

  

 山奥に有り、この先に道は続いていません。
 ダムから左奥方に御巣鷹山
 飛行機の墜落事故から30数年経ちました。



ダム提の上を歩きます
 

ダム湖の反対側を覗いてもダムから水の流れる様子は無し
銀河のように渦巻く石垣が見えるので移動してみる。



 移動して来ました。

 下から眺める堤の高さに圧倒されます


 渦の上部を歩けるようです


 ダム湖の水は脇にあるジャンプ台の様な水路を流れていました



 近隣にある別のキャンプ場を覗いて見たよ!

 ここのキャンプ場は子連れのファミリーに人気の様です

  
 
 滞在中は夕方になる連日雨が降る天候でしたが
 夏場の山間部での夕立は仕方無いですね!
 

 最終日はテントなどが濡れたままの撤収になりましたが
 台風が近づく中、雨中の撤収にならずホッ!としました。

 暑い暑い下界に戻るのが怖い!・・・・・
 


戸隠神社巡りと花を楽しむハイキング2019年07月20日 10:46


日本でも屈指のパワースポット戸隠
そんなパワースポットの五社巡り。
翌日は花を楽しむハイキングを楽しんだ二日間でした。

それでは戸隠神社奥宮から参拝

朝7時、参拝者がまだ居ない参道を歩く、奥宮まで20分位歩くらしい



 隋神門



 門を抜けると杉の古木が並ぶ奥宮へと続く





 険しい岩稜の戸隠山、その登山口近くに鎮座する戸隠神社奥宮 

 
 隣に立つ九頭龍神社



 しばらく待ってから御朱印を頂いて隋神門に戻ってきました。



 奥宮か移動して、中社にやって来た

 
 名前が指すとおり戸隠五社の中心で、そば処と土産店などもあり
 周辺はとても賑やか
 ですが、総本社は奥宮になります。
 ここから残りの二社は歩いて参拝


 火之御子社


 宝光社

  
 御朱印もそれぞれ頂いて五社巡り終了

 中社に戻る途中に立ち寄った饅頭店でお土産購入。
 それと、おすすめの戸隠の蕎麦処で昼食
 極細の蕎麦はとても美味しかった。


 蕎麦屋から少し奥にある鏡池へやって来た
 山頂には雲がかかっていて、荒々しい戸隠山の山容は見えず・・・

 水面は鏡のようでは無かったけれど、水面に移る山の姿を収めてみた



 戸隠五社巡りを終えて、翌日は篭ノ登山周辺を歩く
 移動途中で万座温泉で今日の疲れを癒して明日へ・・・・




 彼方に見えるのは延べ100㎞近く連なる北アルプスの峰々


 北信五岳
 昨日歩いた戸隠周辺の山々


 富士山   手前に百名山二座(金峰山 瑞牆山)を従えて



 浅間山火口です


 池の平湿原周辺の花たち








 ニホンカモシカと遭遇
 こんなに近くで見れてラッキー!


 なんと!親子でした。



 ガッツリ登山から遠のいていて、足腰がなまってる。

 少しづつ鍛え直そう!
























3週間後の入笠山2019年06月21日 09:12

 三週間がたち、日本スズランが咲き始めたのでまた、入笠山へ!


 今回はゴンドラには乗らずに登山道を歩く

 ゴンドラが動き出す前の湿原はとても清々しく、とても静かで心地よい

  朝靄に包まれた入笠湿原


 この斜面に日本スズランが群生している


 日本スズランは前回見に来たドイツスズランより株も小さく

 一面にスズランの花を見るのは難しい


 花も小さくて、フリルのような花弁がかわいい!




 三週間がたち、そのほかの花も咲き始めてきて
 これから、花の百名山も盛りになってきた。












 今回、下山後に麓のキャンプ場でお手軽にキャンプです
 





雪遊び 村上山2019年02月10日 20:29


 
  お気楽なスノーハイクを楽しもう!!ということで、村上山に行ってきた。

  この山は昨シーズン、天候不良で目的の山を諦めて歩いた山。

  前回は、天候回復を待ってからの遅い時間のスタートとなって

  途中で引き返した山。

  リベンジと言う事ではないけれど、浅間山の展望が良いので

  期待を込めて登ってきた。

  

  

  
  鹿沢の休暇村からのスタートです
  
   今年はここも雪が少ない!

  足元の笹が丸見え!



 下の写真は去年の様子で、時期的には同じくらい



 静かな森を楽しみながら山頂を目指す。

 お気楽と言っても一応は山なので、それなりに急な登りもあり

 変化があって面白い。



 途中の開けた所から浅間山が見えるのだが雲が多くて

 展墓はもう一つ・・・・
  


 最後の登りを乗り越えて山頂到着



 山頂からは見えるのは嬬恋のキャベツ畑
 
 冬季は広大な雪原に成っている

 雲が多くて残念ながら浅間山は見えない!





  山頂で少し過ごしてから下山

  途中に風を避けて休憩できる場所があり、そこでお昼を兼ねて休憩

  下山途中で雲が晴れて浅間山が見えました!

  山の姿が見えると、やっぱり嬉しいね!

 


  下山後の楽しみは何と言っても温泉です。

     今日は登山口にある休暇村の温泉に入らせていただきます。

  旧鹿沢温泉の源泉「雲井の湯」から引いたかけ流しの温泉です。

  下山後すぐに入浴出来るのはありがたいですね。

  すぐ近くにスキー場が有るので、宿泊予約は中々取れないようです!



 
 周辺の山々へのアクセスが容易な所なので、機械があれば一度は

 泊まってみたいですね。

 
 
 温泉でリラックスして移動です。

 午後三時ごろ、途中通った峠での外気温がマイナス10度でした。
  

 
  3月はのんびりと早春キャンプを楽しもうと目論んいますよ。






寒波到来!ドライブ日和?2019年02月09日 19:56



  連休を利用して、雪中ハイクを計画も予定日は天候が怪しい!?

  いつもの様に車中泊で計画していたが、車の車検整備が長引いて

  準備もできなくて、急遽の予定変更。

  一日目はゆっくりとドライブ観光。

  宿泊前日の深夜に何とか旅館の予約が取れたので 

  久しぶりの旅館泊へ変更です。

 
  渋滞を避けてドライブとしては早めの出発でしたが

  関越道は早朝から事故で大渋滞。

  東北道から圏央道へまわり、17号を北上する事にした。

  先を急ぐわけでも無し、観光ドライブには丁度良い時間の調整になった。



 お店が開き始める少し前に軽井沢周辺についた。




 史上稀な寒波襲来、軽井沢近辺も極寒



  以前にも訪れた碓氷峠の神社に再び参拝




 周辺のお茶屋さんが冬季休業中だったので心配になりましたが

 神社は開いてました。

 今回は御朱印帳がお目当てだったので、開いていてよかった!!




 サッカー日本代表のロゴに使われているヤタガラスのお社



  寒い、寒い。少しの時間でも冷えてきます。



  神社から旧軽銀座の商店街を抜けて、隣町の小諸まで移動。

  賑やかな旧軽銀座も冬場は人も多くありませんでした。


  30分ほどで小諸の懐古園到着。 暖房の効いた車内はとても快適です!!

  
  小諸城址 懐古園

  信玄公、秀吉公など名だたる武将が活躍した戦国時代のお城
 
  現在は大手門、三の門と本丸跡に建てられた神社や天守台が残ってる。

  下の写真は三の門


 懐古神社です
 
 氷点下の中の散策は寒いの一言です。

 防寒バッチリの山歩きとは全然ちがいますよ!





 散策中に白いものがふわふわと・・・・あlれ?小雪が舞ってきたよ!


 天守台に来ました。
 
 意外と大きな天守台で、天守閣も立派なものと想像できます。

 


  ひとしきり園内を散策し終え、園内のお蕎麦屋さんでお昼

  なんでも、冬場はほぼ休業しているらしいのですが、

  今日は、たまたま開店したと女将さんが話してくれました。

  小諸周辺は幾度となく訪れているけれど、小諸蕎麦は初めてなので楽しみ!

  暖かいのと冷たいのをそれぞれ注文して食べ比べしました

  出てきたお蕎麦は、太くてしっかりした蕎麦で、どちらもおいしかった!


 
  お腹も満たされて満足、満足。

  次の予定は布引観音。

  ここも通るたび案内看板を目にしていたけれど、時間的な理由で

  訪れてなかったので、行ってみました。



  道路脇に駐車場と参道の案内があったので

  車を止めて行ってきます。

 
  参道は結構な急坂でチョットした山登りでした。

  おまけに雪が解けてアイスバーンになっていて山登りより慎重になりました。


  
  15分。いや20分くらい登って来たでしょうか!?

  
  観音堂がみえました。

  思ってもない崖観音でした。

  全国各地に同じような建屋があるけれど昔人の知恵と技術に感心します。

 


 素掘りの岩穴をくぐってお堂へ向かいます



 朱色のお堂に着きました。

 このお堂は以前は国宝指定されていたらしいのですが

 現在は重要文化財らしいです。 格下げ?あるんですね~


 
 あっ、そうそう。

 ここの布引観音へは山道歩かなくてても車で行けました。

 登ってから知ったので、少しガックリしました。

 山登りしてるおかげで、多少の登り降りは苦ではないけれども。
 


  宿泊する別所温泉に着きました。

  チェックイン済ませて、北向観音へお参り

  ここも、以前に善行寺と合わせてお参りしてますが

  せっかくなので再びお参りです。




 ここの参道に一軒のギャラリーがあります。

 陶器、木工、レザーなどの作家さんオリジナル商品を展示販売

 前回来た時にフクロウの木彫りを購入したのを思い出して

 また、覗いてみました。

 その中から今日はちりめん制の御朱印帳袋をいただきました。


  下の写真が御朱印袋と碓氷神社の御朱印帳


 
 温泉に浸かり、お酒を飲んでほろ酔い気分。

 疲れもあって、早々と寝てしまいました。

 明日は、雪中ハイクで雪遊びです。