冬の下郷を行く2017年01月09日 14:02


 
 大内宿に行きたい!

 そんな声も聞こえて、少々ハードな行程だが冬の下郷町へ出かけた。

 

 東北道を白河で下りて、甲子道路を走る。



 途中、北東側の展望の良い座禅ころがしからの眺め

 



 しばらく走ると、白く輝く山が目前に迫る。

 栃木と福島の県境、那須連山の最高峰、三本槍岳





 最後の長いトンネルを抜けて、道の駅しもごうに到着。


 営業は朝の8時からと比較的早め



 道の駅からの眺望




 道の駅で30分ほど休憩後、観音沼に移動

 そして、少しだけ散策









 観音沼を散策後、会津西街道を北上、途中にある観光スポット

 塔のへつりを通り越して、(雪が少ないので見送った)

 会津鉄道の湯野上温泉駅に立ち寄り。





 駅の待合室





 寒い季節は囲炉裏で暖を取り、列車を待つ




 豊富な温泉を利用して、駅の横には足湯を常設

 足湯に浸かりたい所を我慢して目的の大内宿へ向かう。

 


 大内宿全景

 奥の展望の良い高台より





 神社へ続く参道入り口に立つ、なかなか立派な鳥居




 宿場内のスナップ










 名物 ネギ蕎麦

 食べ方は、曲がったネギを使って、「口の中に掻きこむ」べし。

 ネギは薬味も兼ねているので、少しづつ食べる。

 
 ここで一つだけ注意

 ネギの食べすぎに注意して!

 食後に口の中のネギ臭が気になってきますよ!


 




 食後もぶらぶらと散策&買い物


 そして、コーヒーブレイク

 なかなか、本格的で美味しいスイーツに舌鼓打ちました。







 充実した時を過ごしました。

 家路には、会津西街道を南下して、途中の道の駅を辿りながら

 (県境を過ぎる頃に雨が降ってきた)

 宇都宮まで走り、そこから東北道を使って戻りました。



 






真田の里を歩く2015年05月04日 12:16



 三日間山歩きの予定だったが、予報では天気が崩れるとの事なので

 3日目は山歩きをやめて周辺観光に変更。


 と言うことで、真田氏ゆかりの地を巡ってきた。


 真田氏の歴史

 真田と言えば、大阪城の真田丸で有名な幸村を思い浮かべますが

 武田信玄に仕えた祖父、幸隆。父、昌幸の功績が有ってこそ、ですね。




 宿からの道すがら、近い順に巡りました。

 最初に訪れた、真田家の菩提寺 長谷寺(ちょうこくじ)



 祖父、幸隆夫妻と父、昌幸の墓所



 真田家のお印 六文銭に見立てた硬貨が並んでます


 



 真田の郷は遅い春を迎えてた



 アケビの花です



 石垣などは無く、山城のようです


 
 云われはいろいろと有るようですが、幸隆以降の城跡のようです



 
 戦国の世、見晴らし良い山上に城を築き戦に備えていたのでしょう

 町を見下ろす城跡に、鯉のぼりが元気に泳いでる


 
 少し移動して、真田氏歴史館、真田氏館跡に隣接してます




 館内は真田氏、縁の品を多数展示

 館内撮影禁止

   ロビーの写真



 真田氏館跡  現在は神社とお屋敷公園として開放されてます



 
父、昌幸氏築城の上田城跡

 天守閣は無く、櫓門が復元されてるのみ

 徳川の命により、石垣までもが壊されたそうで、

 現在残る石垣は徳川家臣 仙石忠政により再建される

 


 城内には上田神社が祀られてます



 城の北方にある山の麓まで通ずる抜け穴があったとされる井戸


  二の丸跡地に建つ上田招魂社



 
 少し足を伸ばして別所温泉で昼食

 山登りの時に、いつも食べそびれてしまう蕎麦を食べる

 蕎麦屋さんマップを頼りにして立ち寄ったお店


 待ってました!
 挽きたて、打ち立て、茹でたてのお蕎麦を頂きます。

 美味しいお蕎麦、ご馳走様でした!


 
 お腹の満たされた後は、信州の鎌倉と言われる別所温泉周辺を巡ります

  常楽寺 枝ぶりの見事な松の木がお出迎えです
 

 
 本堂裏に建つ石塔は国の重要文化財
 
 

 安楽寺の山門


 重厚な佇まいの安楽寺



 国宝の安楽寺の三重塔



 北向観音

 南向きの善光寺と向かい合わせに建ってます。

 両方お参りすると、ご利益が上がるらしい


 
 ご神木のかつらの大木

 小説 愛染かつらで有名


 
 いろいろ巡って、標高2000メートルの高原の宿

 高峰高原ホテルに到着

 昨秋に次いで二回目の利用



 窓からの展望を楽しみながらの夕食を目論んで窓際の席を

 予約するも、生憎の天気で展望ゼロ 残念!



 90分のディナータイム 最後は三種のデザートです。




 部屋でくつろぎ、夜も深けたころ窓から外を覗くと霧も晴れて

 小諸の町の夜景が見えました。

 夜も遅く、街の明かりは少なめでしたが見れて良かった!



 夜が明けて、快晴とまでは行かないけれど遠くの山も見えてまずまずの天気

            中央アルプス


        金峰山越しに富士山


            八ケ岳



 八ケ岳に残る雪渓
 よく見ると人の顔のように見えます。



 チェックアウトまで静かな一時を過ごして、高速道路の渋滞が始まる前に帰路に発つ



 高速道路走行中、フロントガラスに飛び石が当たり

 ガラスが割れるハプニング発生!とんだ災難に見舞われてしまいました。

 善光寺参りに行かず、北向観音だけの片参りが災いしたかな!?


 渋滞に巻き込まれること無く帰宅は出来たのは良かったですが・・・・・・